2012年6月 ベトナムベースの創作アジア料理でおもてなし

 

---お刺身サラダ---
お刺身は市販のもので、サラダ仕立にしてアジア風のドレッシングで。

---鶏肉のピリ辛コク旨ダレ---
しっかり濃くのあるタレでからめた鶏の唐揚げ風

---ヘルシー春巻き---
生春巻きの皮を使って、ちょっぴり風変わりな春巻きに♪

---冷たい麺料理---
スープに豆乳を使います。さっぱりたくさん食べられるようにアレンジ

 

2012年5月 初夏の創作洋食メニューでおもてなし

---新玉ねぎのプリン---

水分が多く、やわらかい、みずみずしい甘い玉ねぎを使います。、玉ねぎだけど、「こんなに玉ねぎって美味しかった?」と首をかしげて、笑みがこぼれるます。
ほんのりと香る玉ねぎの甘みをしっかり感じられる一品。これが、驚くほど簡単な材料と手順で作ることができます。
え?たったこれだけでいいの?と、思われることでしょう♪

---グリーンアスパラのオリジナルソースがけ---
グリーンアスパラを色よく茹でて(しかも、水っぽくなく仕上げます)オリジナルのソースで、お洒落にいただく一品です。
一口かじったグリーンアスパラガスの甘みにびっくり!そして、ソースとの相性のよさに、二度びっくりする一品です。盛付けが、とっても豪華に見えて、おもてなしに喜ばれる一品。簡単で豪華に見えるのはお家のおもてなしには必須条件ですね☆

---メインは鶏肉のスパイス焼き ちょっぴりバーべキュー風---
スパイスを効かせた鶏肉を、しっとりジューシーに焼き上げていただきます。もちろん、甘みたっぷの、お野菜も一緒にグリル。
こちらも、おもてなし感たっぷりのアイディアで盛り付けます。

---ご飯は、あさりのカレーピラフ---
旬のアサリの旨みがいっぱい詰まったピラフはルクルーゼのお鍋で炊き上げます。
炊飯器の方ももちろん、大丈夫☆

 

2012年4月 お花見弁当でおもてなし

牛すじとこんにゃくの煮物。関西では「どて焼き」と呼ばれているメニュー
鶏肉の和風照り焼き、ご馳走卵焼き、蓮根マリネ、こんにゃくのピリ辛、ブロッコリーの塩昆布あえ
など、お弁当にきれいに詰めて、行楽を楽しみましょう。

2012年3月 アジアと中華のミックステイストでおもてなし

豚肉と白菜のがっつり焼酎蒸し 2種類のソースで

ソースは 黒胡麻ソース と 焦がしナンプラーソース

 

レッスンでは、白菜のほかに、季節の野菜を彩りよく蒸していただきます。

野菜は、有機野菜や減農薬野菜を皮付きのまま、いただきます。栄養たっぷり、食べごたえ満点!

蒸篭からあがる蒸気から蒸したての野菜を蒸篭ごとテーブルにおいて、お好みのソースでいただきます。

テーブルに蒸篭があると、一気に中華テイストがアップ!いきなりご馳走モードになるので、おもてなしにぴったりですよ。

 

いかの炊き込みおこわ風ご飯

するめいかをさばいて、ご飯に入れて炊きます。もち米を使うので、おこわ風になって、食べ応え十分

味付けは中華とアジアンのミックス。鼻をくすぐる何ともいえない食欲をそそる香りたまりません。蒸し野菜との相性も抜群で、お野菜とご飯をしっかり美味しくいただけます。

 

 

とろとろコーンスープ

簡単なのに、とろとろ感がうれしい、ほっこりできる味。

とうもろこしの甘味と、スープのとろみが寒い日に、体の心から温めてくれます。

簡単にできるメニューは、家庭のおもてなしの定番メニューになります。

手早くできて美味しい本格派のとろみ加減で、「料理上手」と、評判になること間違いなし♪

 

 

文旦とわかめの和え物

高知県で栽培されている高級な果実の代名詞、「文旦」を使った和え物。

簡単なのに、あわせる食材で、料亭の味、見た目の一品になります。

あえるタイミングと、塩の使い方をマスターすれば、あなたの料理の腕前は一気に200%アップ!